武田信玄を感じる歴史的スポット



山梨と言えば、戦国武将である武田信玄を思い浮かべる方が多いだろう。
そこで武田信玄に通ずるスポットをピックアップしていく。
NHKの大河ドラマになったこともあり、未だに全国からの観光客が訪れると言う。
あれだけの強さを誇りながら、天下統一をなし得なかった武田信玄。
彼を気持ちを思いながら、スポットを歩くと、また違った楽しみ方ができるはずだ。
武田神社
もはや、武田信玄を祭っていることで紹介されるのが、この神社である。
祭神を名将である武田信玄として祭っていることでも有名だ。
武田信玄が生きていた時代に立てられたものではないが、武田神社は信虎・信玄・勝頼の三代が住んだゆかりの地に位置する。
そう、躑躅ヶ崎館跡である。この神社の歴史は、大正8年(1919年)に建立。
以来80年以上も立派に構えており、歴史がないわけではないのだ。
日本だけでなく、海外からの戦国ファンはも訪れることで有名であり、「百戦錬磨」の武田信玄の勝運にあやかろうとする方が訪れることも話題に。
参拝者は今でも絶えることなく、訪れ、記念写真を撮影する方も少なくない。
また、信玄の命日の4月12日には、例祭が行われるので、行ってみる価値がある。
秋の紅葉に染まった武田神社も魅力のひとつだろう。

■営業時間 宝物殿は9:30~16:30
■休業日 無休
■料金 境内自由だが宝物殿は300円
■所在地 山梨県甲府市古府中町2611
■電話番号 055-252-2609

金桜神社
とても歴史がある神社となっており、雄略天皇の時代にまで遡る。
金峰山を本宮としたことで、この神社が創建されたようだ。
また、武田氏の祈願所としても有名であり、崇拝された歴史も確かに残っている。
実はこの神社の見所は、境内に咲き乱れる桜である。
時期はわりと遅めなのだが、4月中旬から下旬にかけて、「鬱金桜(うこんざくら)」が咲くのだ。
花開く様は、今までの歴史を物語っているようだ。黄金色をしたソメイヨシノといったところで、独特の輝きを放つ。
桜やソメイヨシノとは異なった、魅力を感じることが可能だ。

■営業時間 9:00~17:00(札所)
■料金 境内自由
■所在地 山梨県甲府市御岳町2347
■電話番号 055-287-2011

恵林寺
とても歴史ある寺であり、夢想国師が元徳二年(1330年)に開山したの起こりだとされる。
あの有名な武田信玄公の菩提寺としても有名な寺であり、後には様々なエピソードを持った寺だ。
織田信長から焼き討ちにあったが、後に徳川家康が再興され、簡素で美しい外観になったという。
一度は崩れかけた寺も徳川家の配慮で残っていることを思えば、武田の想いを感じるだろう。
なお、参道になる赤門は重要文化財に指定されており、見所のひとつといってもいい。
境内はとても広大で、中には信玄公の墓所がある。

■営業時間 8:30?16:30
■休業日 無休
■料金 境内自由(宝物館500円、庭園300円) 
■所在地 山梨県甲州市塩山小屋敷2280
■電話番号 0553-33-3011
Photo by (c)Tomo.Yun