子宝・繁栄・安産にご利益がある神社集



山梨には歴史的な建物が以外にも多いことで知られている。
戦国時代前から建設されているものもあれば、統治していた武田氏が建設したものまで様々だ。
こういったスポットには、祈願をする意味で人々が必ず足を運ぶ寺や神社などがあるようだ。
それは「子宝」「安産」といったテーマである。
普通に山梨を観光で楽しむのもいいが、カップルで旅行に出かけるのであれば、そういったスポットへ足を運ぶのもいい。
また、これから子供が生まれようとしているなら、行く価値が十分にあるだろう。
そんな子宝にご利益があるとされるスポットを紹介していく。
山中諏訪神社
山中諏訪神社は、康和三年(966年)に創建された、大変歴史ある神社となっている。
あの村上天皇が諏訪大明神を奉じたとも言われており、ご利益を見るからにも感じされそうなパワーを持っている。
全国からも「安産」のご利益で有名な古寺であり、全国各地から安産祈願を願う人が訪れる有名な寺でもある。
また、それに適した「安産祭り」が9月毎年に行われており、その内容がユニークだ。
なんでも、女性が安産や子宝を願ってみこしを担ぐというもの。まったく逆の発想を持った祭りになっているようだ。
また、境内にある本殿に関しては、甲斐で有名な武田信玄が天文二十一年(1552年)に寄進したものだそうだ。

■料金 境内自由 
■所在地 山梨県山中湖村山中13
■電話番号 0555-62-3952
 
夫婦木神社
夫婦木神社は比較的、歴史が浅い神社である。
建立されたのは、昭和三十三年(1958年)となっているので、まだまだ歴史はこれからだ。
しかしながら、何がこの神社の魅力かと言えば、祭ってある樹齢1000年にもなる大木である。
実はこの大木が、女性と男性のシンボルのように見え、そこから子宝を連想させるとして、古くから『子宝』を願う夫婦が訪れたと言われる。
現状では、夫婦木として知られており、現状まで人の口コミだけで繋がった神社といってもいいだろう。
是非とも和合、そして生産、それから繁栄・結びにご利益がある神に願いを託してみよう。
こちらも全国から子宝と繁栄を願って、参拝しにくることで有名。

■料金 境内自由 
■所在地 山梨県甲府市御岳町
■電話番号 0552-87-2020
Photo by (c)Tomo.Yun